資産価値を高めるために有能なマンション大規模修繕工事業者を探そう

ウーマン

計画を立てることが大切

工事現場

賃貸マンションや賃貸オフィスなどの不動産賃貸業を経営している場合には、不動産の定期的な修繕が必要になります。大規模修繕は計画的に資金を積み立てて行うことが望ましいです。不動産賃貸を法人化して行うことが一般的になっています。個人経営よりも会社経営にして給与を得ることによって、少なくとも給与所得控除の分だけでも節税になるからです。法人で不動産経営をしている場合に大規模修繕の費用を生命保険で積み立てるケースが多いです。契約者は法人で被保険者が経営者である個人になります。解約時の解約返戻金が多い逓増定期保険などが使われる場合が多いですが、保険料の全額または半額を税務上の損金として処理できますので、節税効果が高いです。

大規模修繕を計画的に実施することで建物の耐久性が高まります。建物は経年劣化が避けられません。その劣化を放置すると建物の耐久性が損なわれるのです。生命保険で修繕費を積み立てている場合には、その解約返戻金が修繕費に充当されることになります。生命保険の解約返戻金はその全額または一部が税務上の利益になりますが、大規模修繕費が税務上の損金になりますので、保険を解約しても税務上のデメリットはありません。建物を長期間利用するためには大規模修繕は不可欠であって、その資金を節税しながら計画的に積み立てられる生命保険は広く活用されています。保険料が経費になることで、損益の平準化を実現することもできるので決算対策にもなります。