資産価値を高めるために有能なマンション大規模修繕工事業者を探そう

ウーマン

修繕工事で大切なこと

マンション

マンションの劣化と修繕

分譲マンションは築年数が経つにつれて劣化が進んでいきます。将来的に安全な住居として住み続けるためには、定期的に大規模修繕工事を行うことが大切です。大規模修繕工事は、住民たちが作る管理組合だけで行うのは難しいので、通常は管理会社が主導となって計画などが進められます。しかし、管理会社に任せきりの状態を続けていると、当初作られたままの修繕計画で進められてしまい、現状の劣化状況とはかけ離れた工事が行わるリスクもあります。適切な調査を元にして、効果のある大規模修繕工事を行うためには、公正な立場から審査してくれるコンサルティング会社にサポートしてもらうと安心です。不必要な工事項目がないか、工事費用が余計にかかっていないかなどを適正に判断して、アドバイスしてくれます。

適正な工事のチェック

また、実際に大規模修繕工事が始まってからも、きちんと工事が進んでいるかどうか、安全対策は万全であるか、丁寧に仕上がっているかどうかなどのチェックが必要です。大規模修繕工事のコンサルティング会社では、建築士などの資格を持つ専門家集団が、客観的な立場から工事を見守り、管理組合に適宜報告してくれます。例えば、工事の施工会社にテスト施工を実施させて仕上がり具合をチェックするほか、マーキング箇所、下地補修、シーリング工事などの細かいチェックを行って、改善する必要がある項目については専門家が施工会社に指示を出してくれます。大規模修繕工事全体の質を高めることにつながり、マンションの資産価値も十分に保つことができると好評です。